公共・団体

中央官庁

クライアント:中央官庁

経理全般業務の効率化に向けた業務改革とそれを実現するためのシステム機能の向上を目指した。
現地調査による情報収集、課題の抽出を行い、業務改革施策の策定と、新業務をサポートするシステムの改善ポイントをまとめ、目標達成のための構想を策定。

一般財団法人

クライアント:一般財団法人

IT投資の承認手続き、システム構築中案件の報告手続きが不十分であり、今後増加するIT投資に向けたITガバナンスの強化を目指す。新規IT投資の申請・承認フローと規程作成、また投資実行時の事前・実行中・稼働後の報告内容とルールの設計を実施。

一般財団法人

クライアント:一般財団法人

東日本大震災をきっかけに内部でBCP策定に取り組むが、一部の情報システムに関する計画に留まり経営層が納得できるものでなかった。想定事故(災害)、継続業務と業務量、その業務に関連する情報システム資産の定義を行いBCPの策定を指導。

独立行政法人

クライアント:独立行政法人

情報セキュリティマネジメントシステムの未確立によりセキュリティ水準が低いため、政府統一基準によるベースラインアプローチ、リスクアプローチの情報システム監査を実施。セキュリティ水準を向上させるための職員への教育や自己点検・監査計画を含む対策推進計画の策定、外部委託先や機器の選定基準などのセキュリティ要件策定を助言。